English
Español
Français
Deutsch
Italiano
русский
Nederlands
中文
日本語
한국어

ZenCashは、プライベートな通貨・メッセージングシステム・メディア (情報発信手段) です

ZenCashネットワークが非常に非中央集権化の進んだレジリエントなブロックチェーンであるのは、セキュアノードのおかげです。

セキュアノードの設定方法

なぜZenCashなのか?

パブリック・プライベート・匿名という性質を備えた非中央集権的な暗号通貨

独自のブロックチェーンを備え、トランザクション、コミュニケーションおよび情報発信に用いることができます。

長期的な展開を可能とする設計:

  • 2100万ZenCashという発行上限 - プレマインや ICO は実施していません
  • 何千ものセキュアノードが稼働中 - マイニング報酬の3.5%が分配されます
  • 開発、運営サポート、マーケティングのためのトレジャリー資金 - マイニング報酬の8.5%が分配されます
  • 充実したチームおよび代議制ガバナンス - Zen ブロックチェーン財団
  • 世界中のユーザーに対応したウォレットおよびコミュニケーションチャネル
  • 世界中で展開するマーケティング - 個々のマーケットに適したアプローチ
  • セキュアノードにより、レジリエントで分散型のネットワークを実現

なぜセキュアノードが重要なのか

セキュアノードを運営することで、マイニング報酬を入手し、ZenCashネットワークに参加しましょう!

セキュアノード運営者には、マイニング報酬の3.5%が分配されます

ZenCashのセキュリティ機能として最初に導入されたものの一つとして、ノード間通信の暗号化があります。これはすでに実装され、Zenにおけるノード間通信は、ビットコインネットワークで見られるようなトラフィックとは異なり、インターネット上で通常見られる暗号化された通信のごとく振舞います。これによって、Zenシステム内の活動内容が隠されることとなり、Zenユーザーおよびノードがブロックされにくくなります

ZenCashネットワークを強固なものとするためには、何千ものセキュアノードが世界中に存在し、ユーザーが迅速かつ容易にノードにアクセスできるようでなければなりません。また、セキュアノード運営者は報酬を受取ることができます。このように、広範囲に分散された信頼できるネットワークが存在することにより、有事の際もZenCashシステムは機能し続けることができるようになるのです。だからこそ、ZenCashシステムのセキュリティおよび信頼性を考えるにあたり、セキュアノードは重要なのです。

セキュアノードとして満たすべき条件

1

1ノードにつき、Tアドレスで42 ZenCash以上を所有していること

2

信頼できる認証局から発行される有効なTLS証明書を作成・管理すること

3

ノードに対する計算課題をこなすのに十分なプロセッサパワーおよびメモリを備えたサーバー上で、ノードを運営すること

4

Zenブロックチェーンの全コピーを管理すること

5

1日の時間あたり92%以上の間、ノードが実行されていること。

セキュアノード設定の方法