English
Español
Français
Deutsch
Italiano
русский
Nederlands
中文
日本語
한국어

テクノロジー

プライベート - セキュア - 追跡不可能 - レジリエント - マイニング可能

プライベート

Zenはzk-SNARKS (zero-knowledge Succinct Non-interactive ARguments of Knowledge) という技術をベースとしたプライバシープラットフォームであり、非中央集権化されたセキュアノードアーキテクチャを擁しています。

セキュア

ZenCashは、ノードレベルおよびノード間レベルにおいてエンドツーエンド暗号化を施した、最初の暗号通貨です。

zk-SNARKSに加え、Zenアーキテクチャにおいてはノードレベルでの暗号化が施されています。暗号通貨が機能する上でノードの存在は重要であり、Zenシステム内のノードはセキュアノードと呼ばれます。セキュアノードは、報酬を受取ることができる一方、ネットワークのセキュリティという観点から、一定の条件を満たす必要があります。

追跡不可能

シールドされたトランザクションに対しては完全なる暗号化が施されていますが、ネットワークのコンセンサスにより、その内容の正当性を証明することが可能となっています。ここでは、送付元、送付先、および送付額が隠されることとなり、ZenCashは完全に追跡不能となります。

検閲回避のための汎用性の高い技術であるドメインフロンティングにより、通信のリモートエンドポイントを隠すことが可能となります。この手法は、アプリケーション層においてHTTPSを用いて機能し、検閲者が許可するホストと通信しているように見せかけながら、実際は検閲者が禁止するホストと通信するということが可能となります。

ここで重要なのは、通信レイヤーごとに別々のドメイン名を用いるということです。すなわち、ある一つのドメイン名がHTTPリクエストの「外部」(DNSリクエストおよびTLSのサーバー名表示) に現れる一方で、もう一つのドメイン名は「内部」(HTTPホストヘッダ) に現れ、HTTPSの暗号化により、後者は検閲者にとって閲覧不能となります。ここで、検閲者としては一般に、ドメインに対する見せかけのトラフィックおよびそうでないものの区別をつけることができません。したがって、検閲回避のためのトラフィックを許可するか、そのドメイン名を完全にブロックするかのいずれかを選択しなければなりませんが、後者を選ぶ場合はネットワーク上における重大な二次被害が生じることとなります。

ドメインフロンティングにあたっては、ネットワーク内の第三者による協調は特別必要ありません。というのも、コンテンツデリバリネットワークなどといった、ブロック困難なウェブサービスを用いることができるからです。こうしたウェブサービスは、検閲回避手段としてのドメインフロンティング実行において有用です。

レジリエント

Zenは業界有数の分散型ノードシステムを実現しています。セキュアノードに関して、詳しく学びましょう!

Zenセキュアノードネットワークをチェックする

Zenセキュアノードによって、分散型かつ信頼できる暗号通貨システムが実現し、ノード間通信は暗号化されます。ビットコインにおけるトラフィックとは異なり、Zenにおけるノード間通信は、インターネット上で通常みられる暗号化された通信のごとく振舞います。これによって、Zenシステム内で生じている活動内容が隠されることとなり、Zenユーザーおよびノードがブロックされにくくなります。

セキュアノード運営にあたり必要な条件は以下の通りです:

  • 1ノードにつき42 ZenCash以上をTアドレス (透明なアドレス) にて所有していること。これによって、ノード運営者とZenCashの利害が一致するようにし、悪意のあるユーザーがノード運営を行うことを防止します。
  • 信頼できる認証局から発行される有効なTLS証明書を作成・管理すること。これによって、データ通信の暗号化が可能となります。
  • ノードに対する計算課題をこなすのに十分なプロセッサパワーおよびメモリを備えたサーバー上で、ノードを運営すること。これによって、DDoS攻撃からノードを守ります。
  • Zenブロックチェーンの全コピーを管理すること。これによって、UTXOまたはコミットメントが失われないようにします。
  • 1日の時間あたり92%以上の時間、ノードが実行されていること。

自律分散型組織 (DAO) モデルのトレジャリーシステム

ZenCashのトレジャリーモデルは、インクルーシブで透明性が高く、その公正さが証明された経済システムです。また、システム内の活動に参加する上でのインセンティブが存在します。

提案・企画に対する資金プールを用意
ZenCashを所有する人々が提案・企画に対するレビュー・投票を実行
票はステークの比率に基づいて計算され、投票内容が他人に公開されることはありません
票計数が行われ、提案・企画の採用・不採用が決定されます
1
3
5
7
2
4
6
誰でも提案・企画を提出することが可能
投票権は信頼できるユーザーに委任可能。また、 投票により金銭的報酬を受取ることも可能
公正さを保つために、当選提案・企画が決定するまで投票 (途中) 結果は公開されません
1
提案・企画に対する資金プールを用意
2
誰でも提案・企画を提出することが可能
3
ZenCashを所有する人々が提案・企画に対するレビュー・投票を実行
4
投票権は信頼できるユーザーに委任可能。また、 投票により金銭的報酬を受取ることも可能
5
票はステークの比率に基づいて計算され、投票内容が他人に公開されることはありません
6
公正さを保つために、当選提案・企画が決定するまで投票 (途中) 結果は公開されません
7
票計数が行われ、提案・企画の採用・不採用が決定されます

マイニング可能

ZenCashはプルーフ・オブ・ワークおよびEquihashを採用した暗号通貨であり、GPUマイニングにうってつけです。標準的なグラフィックカードを用いることで、誰でもマイニングを行うことが可能です。